FC2ブログ

2013年8月29日(木) 志太榛原地域発酵茶研究会

●前職場が主催の志太榛原地域発酵茶研究会へ参加。紅茶、半発酵茶、未だに理解が進まないところですが、色々な方が参加されているので勉強になる。会場は県茶業研究センター。ここもよく考えれば元職場だったりするが。
研究会2 研究会1
●来月は、川根茶品評会展示販売会9月18日、国産紅茶専門店「紅葉~くれは~」の岡本代表の講演会が9月20日、薬用作物研修会が9月24日と、企画物がたくさん。どれも川根本町内で行います。
●明日を思うと気持ちが晴れ晴れしない。明日、どんな結果が出るのやら。県品の結果を思うと、イライラしてしまう、というか、勝つためのお茶づくり、に徹する必要があるのか、やはりあるのかな。勝つだけを考えた品評会、それもありなのかなぁ、と色々と悩んでしまう。でも、小細工でも仕込みでも仕掛けでも、それをやる事で勝つ事ができるなら、やるべき、・・・・、なのか。
●川根茶、って何なのか、という原点が私にはないから余計に悩むんだなぁ、きっと。
●今日の一冊。杉山修一[著]『すごい畑のすごい土』【2013年,㈱幻冬社,¥780+税】。奇跡のリンゴの木村さんにほれ込んだ弘前大学の教授の本。もう少し突っ込んだ研究解析があるのかなぁ、と思ったのですが、寸詰まりというか、この程度?まぁ、専門書ではないのでしょうがないのでしょうが。無肥料という点のみについては、やはり土壌自体の元々の在り方、とリンゴの収穫という点が施肥の考え方に関わっているのだと思ってはいるのですが、個人的に。そんな意味で考えるのには良い本です。何でも勉強、プラスもマイナスも。
IMG_0002_20130825134822fe5.jpg

[ 2013/08/29 ] 土壌 | TB(0) | CM(0)