FC2ブログ

2013年7月19日(金) 白葉茶紅茶製造

●本日は、昨日簡易萎凋処理し、今朝まで静置萎凋していた白葉茶芽を紅茶製造(ここでは、殺青処理をしない発酵茶をこの分類と規定)しました。萎凋は、簡易萎凋の時間により、ほぼ正確に減水率を示しましたが、茶芽の状態、萎凋による香気発揚程度は全く異なり、今年最後だろう発酵茶試験製造としては良いデータ取りに。一晩置いた事で、萎凋も進み、でも白部分も残して。
F1001359.jpg F1001357.jpg h1.jpg
●揉捻、しっかりかけます。最近、この加重具合が気になって気になって。インバーターつけて回転制御しようかな、と思っている今日この頃。
h2.jpg□分かりづらいですが、紅く発色しています。
●乾燥後、3ホイロ並び。最終的には、紅茶に、という指令が出ているため、同じようになるように処理を調整。同じようなお茶になりました、外観は。
h3.jpg h4.jpg h5.jpg
●水色、ちょっと違うかな。でも香気、滋味では大きく差はなし。白葉茶、旨味(アミノ酸)の味はあるんだよなぁ。二番茶なのに、その点は凄いと思う。ただ、この味、産業課の皆様に飲んでもらったら、良い、という意見と、もたれる、という意見に分かれました。個人的には美味しいだけで飲める、でも紅茶ではないなぁ、という感じです。テアニン効果か、その後、妙にテンションが上がって困りました。カフェイン?
h7.jpg h8.jpg□やぶきたなのに、この茶殻の発色程度は凄いと思う。やはり、原葉の色が白黄色なので、赤が引き立つんだなぁ。
●最終的には、仕上調整して、販売に供します。篩でそろえて、粉抜いて、仕上火入れして。
●発酵茶関連の売り先が決まった物は早急に仕上調整しないと。来週位から時間をみてやらねば。
●そんなこんなで、二番茶の製造も終了。可能なら秋に発酵茶、何点か試験を組みたいけど、なかなか思うような茶葉が入らないんだよなぁ。来年に向けた今年の試験製造の取りまとめも早急に。
●日曜日は選挙事務。朝が早いから、明日のうちに地名へ移動予定。
●今日の一冊。岡本健太郎[作・画]『山賊ダイアリー-リアル猟師奮闘記-①②③』【2011-2013年,㈱講談社,①②¥552,③¥562】。職場の林業室の同僚の机の上に「カラスを食べた事ありますか」のコミック本の帯だけがあり。そこに総務課長が来て、カラスって食べれるんだよね、という話で盛り上がり。そんなこんなで気持ちが持ってかれてしまったので、早速三巻同時購入してしまいました。早く読みたい(読んでもいないのに紹介してしまうんだよなぁ)。
IMG_0001_20130719201059.jpg IMG_0002_20130719201101.jpg IMG_0003_20130719201102.jpg

[ 2013/07/19 ] コミック | TB(0) | CM(0)