FC2ブログ

2013年6月13日(木) 選挙事前投票事務を体験

●町の職員として、知事選の選挙事務を経験。事前投票の受付業務。今週日曜が投票日であり、また今日が怪しい天気のためか、来ますね、町民の皆様。約12時間その勤務に従事し、忍耐を覚えました。頭の中では明日明後日明々後日の普通煎茶、萎凋釜炒り茶、紅茶づくりのスケジュール組み立てでいっぱいでしたが。回るのか、できるのか(+o+)。
●という事で、相変わらず休めない日が続くようで。それでも昨日の夕方、歯医者へ行けたのはラッキーでした。一回で治るし。良い先生です。
●今日の一冊。栗津清蔵[監修]&國澤正和&福山和夫&西田秀行[共著]『絵とき水理学』【1992年,㈱オーム社,¥2,800税込】。まだ試験場の富士分場にいる時に本場土壌肥料の太田さん[現:経済連土壌肥料コンサルタント]、森田さん[現:静大教授]からから声を掛けて頂き、かん水同時施肥の試験を組む事に。そのために送水管の関係等を含めた流量とは、損失水頭とは、と勉強するための本を購入した一冊。よく考えると茶園管理における水の必要性等を考えた先をみた研究になったんだなぁ、と太田さん、森田さんの先見に感するばかりです。ただ自分はそれの試験設計を組んだ段階で、その時の場長に「もっとやる気を見せてほしかった」という言葉とともに、農林事務所へ転出させられ、その研究に触れる事はなく、現場回りをやって。「やる気」はあったんですが、「やる気を見せる」努力は怠っていたんだろうな、と今では思います。人に評価してもらう、というのは難しいものです。特に結果につながらない事を続けている限りは。だから、花火ばかりを打ち上げる人が評価される組織、て言われてしまうんだろうなぁ。しかし、勉強した事はいつまでも自分の中にあり、そして思わぬ場面で役に立つものです。
IMG_0001_20130609202216.jpg

[ 2013/06/13 ] 科学 | TB(0) | CM(2)