FC2ブログ

2013年5月19日(日) 休みだから少し考えてみる

●日曜日。オフ。頭の中をクリアにして明日からの仕事へレッツラゴー、と言っている時点でダメじゃん。
●しかし、寝倒して完全オフ。何もやらん、変な夢は見るし。そんな休日。
●今日の一冊。大河内正敏[著]『味覚』【1987年,中央公論社,¥330税込】。著者の名前は、理化学研究所の所長という点から知った。鈴木梅太郎、寺田寅彦、池田菊苗、仁科芳雄、朝永振一郎ら日本の科学研究の第一人者を輩出した理化研のトップだった人、という認識。そんな意味でこの本の中身も、食という視点を科学的に、化学的に説明している、しかしそれが科学者の視点ではなく、エッセイストとしての視点になっているのが素晴らしい。寺田寅彦氏もそうだが、この時代の科学者は文芸的才能も高かったのだと感銘を受ける。
IMG_0004_20130518095853.jpg
[ 2013/05/19 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)