FC2ブログ

2013年5月4日(土・祝) 全品出品茶製造最終日

●今年の全品製造最終日。これでいつも技術の最終確認を行い、次回(来年)へつなげる。T屋農園。毎年、素晴らしい茶芽が天空から運ばれくる。その茶芽と葉打ち、粗揉で1時間の語り合い、話し合い、そして一緒にどこへいきましょう、と語りかけながら、出口へ誘導していく作業。辛い時も、素直に行く時も様々。さて、今年の茶芽はどうなのか。
●と、昨日のうちに書いて本日。天空から運ばれた茶芽は、素直に柔らかく、1時間の語り合いをしてくれました。手から伝わる感覚では良い、という言葉しかない。今年の最後の〆にふさわしいお茶でした。
●乾燥後、審査も行いましたが、嫌みなく、お茶が自分を語ってくれるお茶でした。
F1000819.jpg F1000820.jpg
F1000823.jpg F1000824.jpg
●一方で、明日の紅茶づくりの前準備。送風萎凋を進めたり、静置萎凋と比較したり。品種は「さやまかおり」を使用します。明日、紅茶づくり第3弾実行。
F1000828.jpg F1000825.jpg
●と、いう事で明日からは気持ちを切り替えて、少し余裕を持ちながら、統計ブログを再開したい。
●今日の一冊。亀井勝一郎[著]『人生論・幸福論』【1969年,㈱新潮社,¥400】。中学の修学旅行で見た「百済観音」、そして、著者の「大和古寺風物詩」のリンク。中高と人生・哲学、そして文体的に著者の影響をかなり受けて、そこからパスカルの「パ・ンセ」へ行ったり。人は色々な事を考える時間を大切にするべきだと思う。ただ、そこで行き過ぎると社会不適応者として今頃野垂れ死にしていたんだろうな、と思わなくもないが。そんな意味では、川原泉に出会えた幸せもまた巡りあいである。
IMG_0002_20130503180200.jpg
[ 2013/05/04 ] 一般 | TB(0) | CM(0)