FC2ブログ

2013年4月23日(火) 揉んで感じて分かること

●今年の茶葉は、ある意味難しく、ある意味素直。水の影響が大きいのは揉んで四日目の今日、再確認。水うちは重要ですね。あとは量と、併せて何か、という事かな。揉んでいて揉みがいのあるお茶づくり。雨もただ降ればいいのではなく、その後の温度、あるいは時間降水量、強度等等、色々な要因解析の必要性。
●今日揉んだ山の息吹、水うちをしていた茶園だけに、甘味が前に出ていて飲んで美味しかった。明日、仕上げて、これは28日のグリーンツー参加者への配布となる?ようである。同じ課内の行事をよく把握していない。いかん。
●明日は雨予報。そのため、釜炒り茶製造は日程を変更して実施。明後日からは川根本町品評会製造の本番。気持ちを入れて集中して頑張らないと。
●●今日の一冊。堀内三佳[著]『味すごろく』【2013年,㈱祥伝社,¥838+税】。家族日記、というのか、家族エッセイというのか。著者の前著『夫すごろく』時代からのファンであるのだが。何年も書き続けられるという意志も含めて、また、今回食を前に出しての話という事で、味わい深い内容となっている。
IMG_0003_20130414191647.jpg
[ 2013/04/23 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)