FC2ブログ

2013年3月12日(火) 粛々と

●今日も一日年度内処理仕事を現場回りながら。来年度への足掛かりも含めて。今日は行く先々で、異動が決まりましたので、という話と、これからもよろしくお願いします、の繰り返し。四月以降も関係を持ってつながる方々ばかりなので。さて、これからの川根茶はどうあるべきなのか。どうなるのか。
●しかし、4つも関連打ち合わせが入ると帰宅は今になってしまう。眠い(>_<)、年寄りだから[23:20]
●施肥と降水との関係。肥料は根圏域に到達して吸われて初めてスタート。撒いたから吸ってくれているではない、という意識を常に持とう、と言うのだが。基本施肥した肥料は縦浸透なので、100mm降れば、土壌の孔隙率が50%なら、200㎜=20㎝浸透したと考えてそれほどおかしくはない。ただ、施肥した肥料資材の種類にもよるのだが。温度(地温)がかからない時期の資材の選択はそんな意味で大変重要。しかし、いまだにそれを意識した施肥設計となっているかといえば、・・・。やはり根本的に施肥を見直すべき時期だと思う。儲かってないのだから。
●今日の一冊。柳沢きみお著『なんだかなァ人生』【2011年,㈱新潮社,¥1,400+税】。何と言うか、著者の社会に対する向かい方や人生観、食へのこだわりがいいなぁ、と思ってしまう。漫画家の著者。はっきり言って絵は上手いとはいえないのではないかと思うのだが、漫画家と絵で勝負している方と物語で勝負している方がいて、この著者は物語派なんだろうなぁ、と自分は思っている。他人の人生哲学を感じながら、自分はどう進むか、日々思うところである。まずは四月から、さて、どう進もうか。
IMG_0003_20130311214535.jpg
[ 2013/03/12 ] エッセイ | TB(0) | CM(0)