FC2ブログ

2013年1月31日(木) 早くも一月が終わってしまった

●昨日と同様のどんよりした心持ちで仕事に臨む。1月も最終日だというのにいけない。でも、こんな日々が二月の中旬までは継続。そして、今日の結果は明日にまたまた継続(>_<)。なぜ、今週はこんな事で3日間もつぶれてしまった。これは意味がある事なのか、ない事なのか。微妙にHigh気分になり、辛い事に対応していこうとする自分の心持ちが嫌だ。
●車のDVDでJOJO1を観る。JOJOがアニメで動いている、という感じで楽しい。
●あの小西先生のデータでみれば、N濃度の適正域は生育で20ppmでほぼプラトー、品質(アミノ酸濃度)で80ppmでプラトー。これをどう解釈するべきなのか、と言えば、やはり濃度障害の考え方を考慮しなくてはいけない。お茶の品質、施肥量ではなく、施肥濃度だという意識、持ってもらいたいなぁ。それに窒素肥料、あるいは肥料がお茶づくりの全てではなく、はっきり言えば、その占める割合は大きくないよ、て。
konisi-morita.jpg
●今日の一冊。杉浦日向子とソ連編著『もっとソバ屋で憩う』【2002年,㈱新潮社,¥629+税】。お亡くなりなった江戸風俗研究作家、漫画家。本当になぜ、という人ほど早くに亡くなる。蕎麦は好き。この本の良さは、お店紹介に終わらず、それが杉浦日向子エッセイになっているところ。全てのお店に行って食した気分になれる。今までで一番だと思った蕎麦は、静岡県富士市大淵にある「茶の生」の佐野玲子さんが作る手打ちそば。これが本当に100%そば粉の手打ち蕎麦(+o+)とびっくりする位素晴らしいものでした。その佐野玲子さんも今はお亡くなりになって。今の「茶の生」は娘さんがやっているようです。一度お伺いしたいな。何にしても蕎麦は大好き、です。
sugiurahinako.jpg
[ 2013/01/31 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)