FC2ブログ
2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01

2019年3月31日(日) 3月最終日に東京へ

●帰省していた息子が帰るので、東京まで車で。往復してくるだけですが。
a1_20190331194018aa2.jpg
a2_20190331194019abd.jpg
□息子の下宿の傍のラーメン屋で、煮干しラーメン食べました。細麺で濃厚。本当は、つけ麺にしようと思ったのですが、13時から、となっていて。でも、なぜ13時からは謎。
●何だかんだ言っても往復は疲れます。明日からは一週間。
●三月もおしまい。そして、明日から四月。1日が月曜日のため、一週間をフルスロットルで駆け抜けないと負けてしまいそうに感じています。チームもメンバーが変わり、それに対応した仕組みづくりをしていかないと回らない。絶対に回らない。やばいなぁ。
●何度か引っ張り出してきたグラフ。秋施肥及び春施肥の量的影響。時系列は、その時間タイミングにおける無処理に対するN濃度差とN量差。既にデータ回帰式の計算値直線となっている。
〇無処理に対して濃度差がキープされる(微増、微減のトレンドはある)。日数経過において濃度差がキープされる意味合いは、生育に伴う転流増加傾向は一定?なのか。でも、N量でみれば、量的増加は春施肥が著しい。やっぱりにこれに、時点での生育量的なもの、生育ステージを関係づけしないといけないか。
秋春肥N率時系列
秋春肥N量時系列
〇量は変わるけど、濃度差はそれほど変わらない。でも、濃度が時系列でキープされるのでは、濃度差がキープされる。
〇生育量の問題?
season difficult
〇同一収量における濃度差が1%だとすると、収量が増加すれば、量は100㎏なら1㎏が500㎏なら5㎏、と当たり前に増えていく、エンドポイントに向けて。そうすると維持される濃度差が大きい程、量の増加トレンドは大きくなる。当たり前か。
〇濃度差が維持される事が春施肥におけるポイントなら、その維持される濃度とは何ぞや?という事か。その中身、成分の問題という事なのかな。
●明日からの一週間は花冷えの予報。色々と気になる季節になりました。
●板戸佐兵衛[原作]旅井とり[作画]『めしばな刑事タチバナ№33』【2019年,㈱徳間書店,\560+税】。食べ物、食に関する蘊蓄漫画なんですが、この題名から考えると、こんなにも続く事は想定していなかったのでは、と思えてしまう。
IMG_0001_20190330210810ec7.jpg
[ 2019/03/31 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2019年3月23日(土) 鬱からの切り替え

●昨日は、夕方のゴタゴタを引き摺り、事務所の送別会も参加できず(せず)、一人事務所で残業をしていた時のテンションは、本当にダウナーで、更に9時過ぎに片付けて事務所出て、寒い寒い冷え込みの風の中、酒臭い電車に乗って帰って。途中、来年度のお茶担当の体制と仕事量、分担を考えつつ、あー無理無理回せねぇ、と思っていました。
b0_2019032305364203a.jpg
●今朝になって、仕事的な回せねぇ、は変わらないのですが、回せなくてもいいか、所詮、出来る事しかできないのだから、と開き直っている自分。昔からこのバカみたいな単純さ、嫌いではない。いくら悩んでも答えは出ないのだから、流れに任せてやれる事をやるしかないんだ、という事、だよなぁ、と言い訳。
●昨日、川根のK場長と話をして、今年も「おくひかり」と「やぶきた」の両方で液肥処理をしてくれる、との事。昨年より、更に少量施用、高濃度での形で。申し訳ないですが、製造だけお手伝いさせて頂きます、とお願いしました。こんな事をやってもらえる有難い現場がある自分、本当に嬉しいなぁ、と思う。先日の清水での高座の後に、若いM君と話をして、今年も早場所で高濃度液肥試してみますよ、と言ってくれて。理屈がいまだに曖昧ながら、それに対応してくれる現場がある事は本当に嬉しい。そういえば、富士のY君からもFBのメッセンジャーで、明日液肥撒くのでやり方確認させて下さい、て連絡が入ったっけ。私の嘘くさい話を聞いてくれる現場の人達がいる事に感謝( ノД`)シクシク…。あるんだ、自分には現場が。
●この仕事をやり続けている中で、本当に自分が現場を持っていられるか、という事がポイントとなっていて。話ができる人、何かお願いできる人、そして一緒にやれる人、そんな人達と共に、進んで行けたら、と思う。
●くだらないジム仕事で鬱になっている場合ではない。やるだけ。答えはそれしかないのだから。
●よしながふみ[作]『きのう何食べた?⑮』【2019年,㈱講談社,\610+税】。TVドラマ化だそうです。それにしても毎回、美味そうだ。描けているよなぁ、人も食。さすがだ。
IMG_20190323054141924.jpg
[ 2019/03/23 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2019年3月22日(金) 合間

●休日の合間と見るのか、貴重な仕事金曜日とみるのか。どちらにしろ、今日は一日花粉を我慢しながら、茶園巡回です。
b1_2019032305200985a.jpg
□少し色抜け。尿素の葉面散布なんかいいんだろうなぁ。
●生育におけるエンドポイントと園地(あるいは処理の)比較。尊敬する方々が確立した手法を真似させて頂き、経時枠摘み調査を行って得た、施肥量が増えようと、同一圃場(年次比較は別)においては、年間40㎏施用を超えるものではなく、また、春処理量12㎏を超えるものではない。
秋肥_春肥
●ばらつきの大きなサンプリングだが、それでも傾向はみえる。あからさまな無施肥処理をベースにする事で、y切片に差が出るが、xのトレンドはほぼパラレル。逆考えれば、同一収量におけるN量の乗り方が異なり、それがうま味であったり、コク味であったりする。そして、ある意味で濃度差がほぼ一定で保たれるというのであれば。しかし、無施肥処理の量的増加エンドからの施肥処理の収量増加に対するフェイズの切り替えとか。
●妄想はたくましくなるばかりである。収量を取るための施肥、も考えられるなり。それもやはり、直近肥料なのか、茶期前樹体充足なのか。面白味は尽きない。
●一日茶園巡回をしていました。花粉がひどく、目も喉もやられました。昼食は、三丁目、というラーメン屋で。盛り盛りでした。食べた後のお腹が重たくて重たくて。
a1_20190323000510533.jpg
a2_2019032300051151a.jpga3_20190323000513f8d.jpg
□ランチセット。チャーシュー丼が余分でした。重たすぎ。
●今日は事務所の送別会だったのですが、夕方に色々問題案件が発生し、それに対応していたため、出席できませんでした。何というか、仕事は集中するわ、配分できないわ、事務所遠すぎて、休みの日に来る気にならないわ、で結局、仕事が回っていない現実だけが突き付けられる訳で。異動したい。
●眠いし、花粉はひどいし、帰りは寒いし。こりゃ困ったわ。
●ラズウェル細木[作]『美味い話にゃ肴あり⑪』【2019年,㈱ぶんか社,\590+税】。呑み行きたくなる。茶期前に。
IMG_0001_2019032108061349a.jpg
[ 2019/03/22 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2019年3月21日(木・祝) 雨

●シトシトと降る雨。こんな雨が効果的?と根拠もなく思ったり、一方で、摘採20日前の雨の効果は絶大?と思ったり。
スライド8
●一方で「摘採日」をどう規定するのか。それが例えば、一芯2葉でも、一芯4葉でも、この理屈が同じなのか、という点を考えるとちょっと違うなぁ、と思う訳ですが。とはいえ、2年に一度で、こんな降水状態が発生しているという真実を、3月気温による生育進捗速度と絡めながら判断して行かないといけないなぁ、と思う訳です。雨降れ、雨降れ、という雨乞いではなく、そうでない場合に対処できる技術としての確立が必要なんだろうなぁ、と。
●まぁ、ネタがまた一つできました、という感じですが。自分として。
●朝から明日〆切の持ち帰り仕事をしています。本当は事務所へ行った方が楽に仕事はできるのですが、往復早くても3時間の時間の無駄を考えるとやはり家でやらないと、という気持ちになります。
●お昼は、子供が帰省しているので、回る寿司へ久しぶりに。子供もたくさん食べますが、私もたくさん食べてしまいました。
a1_20190321144522c3d.jpg
□美味しくもない粉茶です。こんなもんか、こんなもんでいいのか。
a2_20190321144523c56.jpga3_20190321144525c37.jpg
a4_201903211445268fd.jpga5_201903211445285e9.jpg
a6_20190321144634f80.jpga7_20190321144635163.jpg
a8_2019032114463761d.jpga9_20190321144638d28.jpg
a91_20190321144723d24.jpga92_201903211447242cb.jpg
a93_201903211447264df.jpga94_201903211447289df.jpg
●そしてお腹がいっぱいになると眠たくなる(-_-)zzz。
●ラズウェル細木[作]『魚心食べ心-日本全県お魚取り寄せグルメ-』【2019年,㈱綜合図書,\620+税】。お取り寄せ。そして家飲み。楽しそうだなぁ。でも家では飲まないんだよなぁ。
IMG_0002_201903210806159f4.jpg
[ 2019/03/21 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)

2019年2月24日(日) 沼津まで、イベント出展支援に

●今日はお仕事で、沼津までイベント出展支援に。国産紅茶に取り組む研究会の出展に伴っての、裏方仕事をこなしました。
a1_20190224180544d10.jpg
a2_2019022418054517c.jpga3_20190224180547a74.jpg
●試飲をしてもらい、アンケートを書いてもらうのですが、予想以上に人の動きが良く、アンケートもサクサクと進みました。
●大御所の方々も飲みに来られて、生産者の方々が色々と話をされて。
●お茶だけではなく、色々な農産物等のブースが並び、終了間近のタイミングで、イチゴやミカン、シイタケ等を購入したりしてしまいました。
●その結果、帰りの電車が混み混みで、イチゴを抱えて、ずっと立ちんぼで、50分。家に着く頃にはフラフラでした。
●久々のイベントのお手伝いでしたが、楽しいちゃ、楽しいんだよな。でも、これが農業経営の向上につながらないと意味がない、ので、今回の結果も踏まえての反省会も、また。
●それにしても、人当たり、ひさしぶりだなぁ。
●きくち正太[作]『瑠璃と料理の王様と⑨』【2019年,㈱講談社,\630+税】。美味しいなぁ。そう思わせてくれるのが嬉しい。もう九巻なんだなぁ、と。
IMG_20190224182235810.jpg
[ 2019/02/24 ] 食・酒 | TB(0) | CM(0)