2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05

2018年4月19日(木) 思ったより

●今日も枠摘み調査へ。とはいえ、朝からジム仕事を片付けていると、外へ出る機会を逸してしまいそうなので、早々とあきらめて、現地へGOしました。
aa1_20180419204924dc3.jpg
aa2_20180419204924a63.jpgaa3_20180419205019c1b.jpg
aa4_20180419205022d14.jpgaa5_201804192050236d5.jpg
aa6_20180419205125921.jpg
aa7_201804192051340ba.jpgaa8_20180419205131a67.jpg
aa91_20180419205135686.jpgaa9_20180419205136c73.jpg
●生育は思ったより、悪くない?と一番生育のいい場所では思ったのですが、圃場の場所に差があり、何にしても、土台が悪いため、芽数が少ない。一芽一芽は悪くないのですが。とはいえ、28枚枠摘みして、園主と話をしましたが、この場所の摘採は一番茶の最終なので、それまでは調査OKの返答ももらいました。とりあえず、あと最低2回は調査を行う予定です。二番茶でも調査予定。
●ついでに、今年の新茶のつゆひかりを飲ませて頂きましたが、昨年のお茶と比べて(この、つゆひかり、という事ではなく、昨年のお茶全般)、うま味とコクを感じるお茶でした。
a1_20180419204917290.jpg
●何にしても、茶の新芽生育におけるエンドポイントとそれからの量的質的変化等を追える可能性もある調査なので、少し真面目に取り組んでみようかと思っています。久々の枠摘みのため、乾燥時にコガしたりのミスもあったりして、色々と問題ですが、大きな幅の中で見えるものがあれば、と考えています。
●明日は明日で、施肥試験圃場の枠調査があるので。意味なしの芽長、葉数調査もしなくてはならない、時間の無駄だ。
●そして、一番の時間の無駄は、往復4時間弱を使用する通勤時間。本当に何とかならないかな。人生、無駄してます。
[ 2018/04/19 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2018年4月18日(水) お城で情報交換のち磐田へ

●今日は午前中、お城で、お国の方との情報交換。中山間地のお茶の在り方、方向性等。難しい問題ですが、モデルはあり、です。
●さて、それで午前が終わり、その後は、磐田まで移動。昼間の時間帯の方がスムーズに移動できる。なぜ、朝の通勤時間帯はつなぎが悪いのだろう。
●明日明後日と現地調査のための準備とジム仕事を。四月になって、ジム仕事が増え、外回りなかなかやれていません。外回りが本来仕事なのに。
●雨もあがり、茶工場稼働も明日辺りから本格的になるのか。また、回って確認しよう。そして、川根の液肥試験圃場の製造日程も辺りがついたので。とはいえ、本当に今年のお茶揉みはそれ位で終わってしまいそうで、ちょっと悲しいです。
a91_201804182111417c9.jpga7_20180418211109444.jpg
□お茶を知るには揉んでなんぼ。その経験値、身体に、その手に覚えた感覚だけが、本当のお茶の姿を知っている。
●今年も早く揉まねば。
[ 2018/04/18 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2018年4月17日(火) 雨が降る前に

●今日は、雨が降る前に、と枠摘み調査に行ってきました。芽が大分伸びてきましたが、園主に摘採のタイミングは?と聞くと、今週中にはないかなぁ、という事。こちらとしては、経時枠摘み調査の期間が延びて嬉しい事なんですが、週末には気温もガッと上がるようなので、ちょっと心配。とはいえ、前回よりは早い時間で摘めて、丁度摘み終わりのタイミングで雨でした。
a1_201804172053416a7.jpg
a2_20180417205344183.jpg
a3_20180417205344e25.jpga4_201804172053452f8.jpg
□摘芽数が40~50本、枠重が18~20g位。現時点での推定収量は400㎏弱/10a位かな。確かに、まだ早い。
●調査圃場の隣に、さえみどり、の畝があり、そこを丁度摘採中でした。
a5_20180417205348e93.jpg
●さて、週末前にもう1回調査をしよう。金曜日予定で。
●明日まで雨。果たして、また茶園が様変わりするのかなぁ。何にしても、まだ17日という感覚を持ってしまう、早場所に慣れない奴です。
[ 2018/04/17 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2018年4月16日(月) 追いつかず

●色々な事が山積して片づけが追い付かず。そして、慌ただしくお茶も始まっています、そこらかしこで。
●今日は、北遠地域の巡回ぐるり。こちらは、まだ、もう少ししてから、という感じではありましたが。
a1_20180416210412f5b.jpg
a2_20180416210414319.jpg
□お昼は手打ち蕎麦等を頂きました。
●明日は、また夜から雨模様。追いつかず、だけど、やれる事をやらないと。
b1_2018041621061589b.jpg
□早めに調査を開始しないといけない。気がついたら、あっという間に、茶芽がなくなっていそうで、ヤバいです。
[ 2018/04/16 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2018年4月15日(日) 雨の影響

●真夜中ら明け方に掛けて、結構な風雨であった。静岡や川根では積算で120~130㎜位降っているのですが、牧之原や磐田、御前崎等では、60~80㎜位。地域によってばらついている感じ。とはいえ、散々、雨が少ない少ない言っていた時分ですが、200㎜越えではなく、降りすぎずで丁度良い位の量かな、と思いました。その上で、今日の日中の外気は気持ち悪い位の湿度感と気温感で、これで芽伸びが進むなぁ、と。
a1_20180415190457b4b.jpg
□自宅前の巴川。結構に水嵩が増えました。
●今週も、また火曜日から水曜日に天気が崩れそうな感じで。でも、その後の週末は大丈夫そうなので、そこへ向けて、芽の具合が見ながら皆さん、生産加工を進めるのでしょうが、品質や芽の水分具合はどんなかな?と思う所です。そろそろ茶工場回りをして、お茶に触らせもらって、今年のお茶具合を確かめないと。茶園の芽の具合は、一芽の具合は悪くないのですが、やや面的には粗い感じ。芽伸びとのバランスでどうなっていくのか。
aa2_20180415190504db1.jpg
aa1_20180415190503fc4.jpg
□これはこれで、元々が土台の問題があるのですが。
●重量増加に伴い、全芽数は増えても、摘芽数は増えないのは、芽の立体構成もあるのですが。以下のグラフは、H18⇒H19に掛けて中切り更新した茶園それぞれでの芽数変化をみたものですが、最終的には摘芽数は生育に伴ってそれほど変わらない。中切り後の初期はどうしても芽重型で芽数が少ないので、というのはしょうがないと思いますが、そう考えると芽数型、芽重型という考え方も色々と再考する必要があると思いますが(摘採の上では、という意味合いで。茶樹としての樹づくり、という点では全く違う視点となりますが)。まぁ、でーた自体のばらつきも大きいのですが。
a3_2018041519292332d.jpg
a4_20180415193108eb6.jpg
□こんなグラフばかりたんとあるのだなぁ。
●グラフづくりのためにも、今年はデータ採取に頑張らないと。
[ 2018/04/15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2018年4月14日(土) 樹づくりと芽づくり

●昨日も少し書きましたが、時期別施肥に取り組んで、秋肥の影響性とか、春肥の影響性とか、をやっている中で、樹づくりに必要とされる肥培管理の考え方、芽づくりに必要とされる肥培管理の考え方、の違いをかなり認識するようになって。結局は「なぜ茶園施肥が多肥になったのか」という事に行き着き、多肥改善を図る中で「多肥効果の意味」が検証されないまま、今に至ってしまっているんだなぁ、と感じています。
bb1_20180414025020843.jpg
bb2_2018041402502144c.jpgbb3_20180414025022882.jpg
□昨日の圃場ですが、新芽の勢いはありますが、何にしても土台となる茶樹の状態が悪い。春先の対応で、新芽づくりへのフォローはできても、土台改善は現時点では無理。どうするべきなのか。
●芽づくりについては、高濃度液肥により、それなりのカバーリングが可能なので、あとは樹づくりのための健全生育条件の確保をどのようにしていくのか。まずは透排水性の高い圃場への改善とその状態での根圏が確保できるような障害性のない年間肥培管理体系の提案。それにより、特に夏場から秋に掛けての、光合成能力を高めて樹体充足性を高め、茶株面においての葉量、枝条の確保を図る。土壌改善については、乗用管理機による定期的な深耕作業の実施と、可能なら砂投入による土壌における気相確保の提案をしていく予定。それが出来た時点で、有機系素材投入による土づくりを考えたいなぁ、と。
c1_201804140307388d9.jpg
●液肥処理の圃場での話ですが、昨日、芽を食べてみたのですが、刺すような渋味苦味を感じず、甘味うま味を感じる芽でした。川根での処理や清水でやってもらった時も、やはり、茶園で食べた新芽の味がうま味甘味が前にでる感じで。そんな意味で、液肥の効果がみられているのかな、と思ったりもしています。
c2_201804140307386b4.jpg
●あと、古葉の色ノリがあるように感じていて。新芽生育時における吸収成分の転流配分がどうなっているのかの問題はありますが、吸収されたN成分が古葉へも配分されているんだと感じる葉色と艶感がでているのかと。
●統計飲み会ではN村さんと「樹体充足の状態により、おそらく、吸収Nの配分が異なってくるから、その樹体充足状態をどう判断するかが重要だよね」みたいな話をしているのですが、結局、充足状態であればあるほど、次の新芽への配分率が高くなる可能性も否定できないし、一方で、生育新芽へやはり優先的に回されるのかとも思ったり(優先順位の問題かとも)。そんな事をキッチリと整理していきたいなぁ、と。
●とりあえず、園主としては「一番最後に採る茶園だから5月の連休位までは、このままだなぁ」と言ってくれているので、それまでは継続調査を行っていく予定でいます。収量性と品質の関係性。さぁ、データ点が何個取れるか、久々に新しいグラフが作れそうで、とっても楽しみです。
A4H19N率と枠重
A4芽数と枠重alldata
A4H19出開き度と枠重
●こんなグラフ群が作っていけるなぁ。
N weight sakugen
●あとは、こんな感じの重量とN量のフェイズ変化の検討や、
フェイズ位相
●Nと出開き度の関係におけるフェイズ変化が、限界収量性との絡みで出せればいいなぁ、と。ようするに、どこまでアッパー技術として可能なのか、もしそれにストッピングが掛かるとしたら、何が制限要因となっているのか、また、その制限要因の改善が可能なのか、というような事を整理して、そして、茶園改善につなげられれば、と思っています。
●こんな事ばかり仕事で考えていられたら楽しいのに、仕事は完全に違う方向性で取り組まなくてはいけない。これはあくまで、自分の興味95%で進めていく事で。とはいえ、このような改善手法を明確にすることで、同じような生育不良茶園への反映性も得られるのかな、と考えています。何にしても、やはり自分で確認、経験し、問題の解決実行を踏まえないと、話のネタとしても喋ることさえできないし。
●まだ考えられるうちに考えておこう、色々と。
●昔のブログを読み返すと、その時その時で色々と考えている事がよくわかる。そんな意味で見つけたグラフ。
グラフ1
□何が言いたいかと言えば、秋肥料を抜くと冬季の古葉N充足性がと劣る。そしてやはり、年間通じての一定量の施肥量は必要だいう事で。処理2年目の圃場でのグラフ。そして気づくのは、春の濃度向上性は量的積み上げだという事(秋肥が入っているなら)。何だろう、これは?
●何というか、面白い事ばかりだ。
[ 2018/04/14 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2018年4月13日(金) 茶園改善計画

●今日は4つの仕事をぶち込んで動いていましたが、3つ目の仕事が聞いていた打ち合わせ時間と異なっていて、行ったら終わっていたという結果に。きっと、さぼり込んだと思われているんだろうなぁ、と。とはいえ、残りの仕事は何とかこなして、金曜日が終わる。
●2つ目の仕事で、生育が今一つな茶園の改善のために、とりあえずの出てくる芽に対しての液肥施用、そして、今後の中での、年間施肥体系の見直しと土壌改善等を持ち込んで、収量性と品質性の向上を図りたい、というプロジェクトを3年位でやっていく予定でいます。それ位の現場での楽しみがないとやっていられない通勤アレルギーです。この圃場の良いところは、点滴かん水施肥システムが整備されているところで、その最大利活用も含めた対応を進めていく予定です。とりあえず、一番茶では、経時枠摘み調査で、収量性評価をしていくつもり。さぁ、楽しみが出来たぞ。
aaa1_2018041322363910b.jpg
aaa2_20180413223642f68.jpgaaa3_20180413223642884.jpg
aaa4_201804132236452ea.jpg
□7つ圃場があり、全体で70a程度の規模感。そして、緩やかな傾斜になっていて、比較をすれば、上側がほどほどだけど、下へ行くほど悪い、という感じ。茶園における不良排水感が強く、山を背負っているため、地下水の影響も考えられるし、土自体が、粘土質が強く、シマリで水を抱える。その結果として、うね間には根圏が形成されてない状態で、過湿気味なのに乾燥に弱いという典型的な排水不良圃場の体をなしている。その結果、茶樹は大きくなれず、枝張りも弱く、一番茶を迎えるというのに、土台となる茶株はスカスカで、芽数は少なく、これでは収量は期待できないのが事実。
aaa6_20180413223646701.jpg
aaa5_20180413223647102.jpgaaa7_20180413223649fed.jpg
□そして、一番下の区画。一番生育が悪いところであるが、クワシロ等にもやられて新芽も動かない部分が確認される。まずは樹体づくりにつながるような改善を図っていかないと。
●とはいえ、色々な意味で面白い(不謹慎ですが)圃場のため、ちょっと真面目にキッチリ調査をしていこうと思います。とりあえず、収量性の回復と品質の向上+大幅な施肥コスト等削減。十分できると思っています。
●そして、こちらは、久々に茶業研究センターのA4圃場へ。20年間無施肥のうねがこうなっている、というが確認されます。やはり、樹の衰えが激しいなぁ、と。
aa1_2018041322472710c.jpg
aa2_20180413224729f0e.jpgaa3_201804132247310a6.jpg
□明らかに色目が異なります。樹づくりと芽づくり。それらを施肥体系において明確に区分して考えていく事を教えてくれた貴重な継続調査圃場です。
●そんなこんなで、お茶漬けな一日で、久々に楽しかった。
a1_20180413224940a21.jpg
a2_201804132249428d2.jpga3_20180413224945222.jpg
□お昼は、ゆで太郎で、二枚盛りが食べたくなり、行ってしまいました。特盛(三枚盛り)は、ちょっと厳しいな、と二枚盛りを食べても思います。
●思ったよりは、少し足踏み。土日は雨もはさむため、様子見です。
[ 2018/04/13 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2018年4月12日(木) 後手後手

●とりあえず、回っていない。やばい。
●天気も上手くサイクルに入ってくれない。茶園の状態も。
●早いのか、それ程には早くないのか。
●とりあえず、0.01g計測計りを購入したので、現場で、枠摘み計測が可能に。
●やりやすい環境づくり。そして、やる事はやる。やらない事はやらない。
●そして、少し整理をしよう。色々な意味で。
a1_20180412213414400.jpg
□新幹線の中で缶ビールを手に仲間同士で気鋭を挙げるサラリーマン。あー、面倒な15分の空間。
●明日は用件が4件。回らない。
●お茶、には、いつさわれるのだろう。
[ 2018/04/12 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2018年4月11日(水) 会議3つの一日

●今朝は市内で会議3つ。ただ、朝の出が、2時間遅くていいので、凄く楽だった。そのせいか、通勤途中に雨に降られるという事に。
●会議は、とりあえず、年度当初の色々な伝達事項等の件で、それを踏まえて、今年度、しっかり働きましょう、という事になる。
●お昼は、若い同僚達と海鮮のお店へ。
a2_20180411222148113.jpg
□静岡に住んでいると海鮮関係には贅沢になってしまいますが、それでも、美味しいと思いました。今日のランチ、海鮮刺身4種と揚げ物等です。
●午後は会場変更しての会議。それを終えて、関係者による情報交換会。中華のお店でしたが、餃子、麻婆豆腐が美味しかった。
b1_20180411222152369.jpg
b2_20180411222151f94.jpgb3_2018041122215331f.jpg
b4_201804112221546fd.jpgb5_201804112221566f9.jpg
b6_20180411222427dcb.jpg
□一人で山盛り餃子を食べた訳ではありませんが、ご飯とこの山盛り餃子だけでもいいなぁ、と思う位、美味しかった。
●天気がはっきりしませんが、明日は晴れる、という事で、再度枠摘み調査にチャレンジ予定です。
[ 2018/04/11 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

2018年4月10日(火) 炎上

●今日は午後の資料作りを朝からガンガンやっていたら、エクセルがトンで( ノД`)シクシク…。1時間半の仕事がパーに。何とかその後、フルスピードで午後の資料何とか間に合いましたが、ファイル保管の大切さとパソコンは当てにはならない、という事を再認識しました。
●午後の会合、お茶時期前ですが、事業絡みで忙しさが上乗せ予定。大変だ。
●夕方から、何年かぶりの枠摘み調査を実施。4枠10分という昔の4/6の速度(昔は6枠10分だった)で摘み、そして重量、芽数等計測し、電子レンジで乾燥させていたのですが、頭の悪いレンジのため、加熱しすぎて、茶芽が焦げた上に、袋を焼いて炎上。今も炭臭いです手が。あー、本当に今日はツイてない日だ( ノД`)シクシク…。
a0_20180410215258300.jpg
a2_20180410215254833.jpg
a3_20180410215254de0.jpga1_2018041021525293c.jpg
□計測と乾燥に1枠5分。昔は毎日100枠位摘んで調査をしていたなぁ。茶試3年間で5000枠位摘んで分析した。そのデータを整理しないといけない。
●明日は一日静岡で会議。朝がのんびりできるのだけは嬉しいです。
[ 2018/04/10 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)